おぼろ と ハトシ

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2019-10-25 4:43
天皇陛下の即位について、政治・外交的な難しいことは一切わかりません。
それよりも、饗宴の儀の献立ばかりみています。
<加薬飯>が<庶民の台所>には、一番わかりやすいかな。
ちらしずしの酢ぬきと、おそれおおくも申し上げます。
各国の方には、白いご飯は敬遠されがちだからと、奥村先生(82才)は申されておられました。
(鯛曽保呂・筍・椎茸・干瓢・錦糸たまご・紅生姜)
曽保呂はそぼろ、すし屋でいうところのおぼろ、スーパーの乾物コーナーで売っているピンクのでんぶです。

庶民は、鯛でなくても、白身の魚なら、鱈でもOKです。
100gにつき、砂糖大さじ1です。
昭和30年代は、甘いことが、ごちそうでしたから、砂糖大さじ3です。
魚の骨と皮は、ゆでてからでも、ゆでる前でもいいので、ていねいにとります。
沸騰した湯に入れて、ざるにあげ、ほぐします。
すり鉢で、すってから、砂糖と塩少々加えて、鍋に入れて、5本の箸で、かきまぜながら煮ます。

ゆでてからするも、生でするのも、すり身の料理かなと思っていたら、<ハトシ>という長崎名物をたべました。中国との交易から生まれた。
パンの間に、すり身(生)をはさんで、油であげてあります。
されど、長崎出身のイケメン江崎君に聞いたら、<ハトシ>「それお菓子ですか?」と聞き返されました。

ブログのファンの皆様、ケイアンにおいでになりませんか?
どんな国の人にも受け入れられる豆腐と、楽しい素材を組み合わせて、食べてみませんか?
人類は皆兄弟だそうですから、【だんご三兄弟】のように、仲よくしましょう
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
かわら版 カレンダー
« « 2019 12月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
女将の著書
Warning [PHP]: opendir(/home/keian/www/keian/modules/d3blog/images/caticon) [function.opendir]: failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113