他人のくつをはく

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-6-12 16:17
英語圏のことわざは、相手の身になって考える。
自分と違う立ち位置から見えるもの、ということです。他人の見えるものは、その人本意ということです。
ケイアンの経験というか懺悔です。

<手作りのモノは嫌い>という方がみえました。
大阪のさる歯科医です。
お年寄りの患者さんから頂いたモノで、とんでもないモノを口にされたからでしょうか。
どんなモノでも、患者さんの真心だから、笑顔で「ありがとう」と言われますが、見えないところで、見ることもなく捨てるそうです。
見えないところは、わからんように、見ることもないのは、どなたにも公平で、ということです。

1996(H8)年6月に、当時のマキシムの社長遠藤明氏が、
チップとは、の問いに、
 10% ありがとう
 12% どうもありがとう
 15% 本当にありがとう
 16% また来ます
と教えて下さいましたが、30年後になって、AIだか、デジタル決済だかで、タブレット端末でのチップになりました。
S33年生まれのケイアンには、わからないことだらけですが、わかっているのは、手作りを続けることです。
岐阜には「〈おてまいり〉を、ちょうだいして、ありがとうございます」という文化がありますから。

[錦玉かん]のレシピです。
お中元のパンフレットで、透明な中に、涼しげに花や金魚が映える和菓子を見たことありませんか?
明治生まれの菓子職人に教わりました。
 寒天 2匁 7.5g
 砂糖 100匁 375g
 水アメ 10匁 38g
 水   2合 360㏄
砂糖が、(@_@)どえりゃー入るので?? 心配される方もみえますが、5㎜厚さに流し固めて、型抜きしたら、100個分作れます。
型抜きしたものの表面を乾かすと《艶干琥珀(つやぼしこはく)》なんて、風雅なお茶席菓子になります。
抜き残りは、鍋に入れてヒタヒタの水で煮溶かして、おやつ菓子です。
お作りになってみませんか?
ご予約いただければ、ご一緒にお作りしましょう。
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
かわら版 カレンダー
« « 2024 4月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
女将の著書
Warning [PHP]: opendir(/home/keian/www/keian/modules/d3blog/images/caticon) [function.opendir]: failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113