二つの手紙

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2021-12-20 15:19
年の暮れは、縁のあった方に、美味しいものを届けたいのが、ケイアンのサガ。
ブログのファンの皆様の住所は、存じあげていません。
是非、ケイアンにおいで下さいませ。ごちそうさせていただきとう存じます。


野口英世記念館 御中

 松尾家は、野口英世が大好きです。
おシカさんが、とうふ作ることが上手だったことも大好きです。私は、何よりも八子弥寿平さんのお母様が大好きです。そんな思いで、野口英世生誕145年に、主人と二人で、マクドナルドの制服のままで、駆けつけたこと、とっても幸せです。
□饅頭、みなさんでどうぞ。
ブラザー工業に、娘二人お世話になっております。人事部が進物にする店の羊羹は、八子弥寿男様、西円寺様に届けていただけませんか。
昭和36年生まれ、岐阜を代表する作家と信じております<早見俊先生>に、従来の伝記にはない野口英世逆転人生を、書いていただけるようにと願っております。
先生が、猪苗代を訪れることがございましたら、よろしくお願い申し上げます。
私たち二人も、マクドナルドのシフトの自由がきくことができましたら、駆けつけます。
                                  松尾桂子拝

大谷陽一 様
  節子 様
 松尾太郎 平成二十九年(二〇一七年)八月五日 〇時三十七分没
なによりも松尾家を大切に、そして、育ててくれた明治四年生まれの<とう>を大切にしておりました。
大谷陽一様は、我親族の誇りであります。
真心で柿をお送り申しておりましたが、真心だけでは理解することができない方もおみえです。
三浦武様は、きっと素直なよい方と信じてはおりますが、もう来年からは、お送りすることが難しくなりました。
そのような矜持をかんで、銘菓をお送りさせてくださいませ。
今年も『あられ』を、たくさんありがとうございました。孫たち四人、大喜びでした。
ブラザー工業に、娘二人お世話になっております。人事部が進物にする店の羊羹でございます。
岐阜の中で、今一番か二番かのケーキ屋の焼き菓子でございます。
                             お口よごしまでに。
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
かわら版 カレンダー
« « 2022 1月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
女将の著書
Warning [PHP]: opendir(/home/keian/www/keian/modules/d3blog/images/caticon) [function.opendir]: failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113