今日の後に今日はなし

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2021-3-8 22:20
『城下町に銘菓あり』
『とうふ屋に、年令と目方が同じのデブあり』

岐阜には、裁判所に申立て、本名から<牧野右衛門>の名を継いでいる店あり。
<長崎屋本店>享保5年(1720年)から現在15代目です。
『みそ松風』のみそは、本町4丁目の貝崎さんでしたが、今はどうなっているのかしら。
『みそ松風』と『松風』と二品ですが、なぜか両方とも、まぁ~るくにしか焼けないとのことで、切り出しも売っていただけますが・・・・・・・
気さくな人柄なのですが・・・・・・・・・・・・・・
どうも切り出しだけでは、よう買わんわ。
『どこどこの人のご進物』のお使いを、さいさん、とくさんに頼まれると、喜んで走って行きます。
『みそ松風』1本500円ですが、切り出しは250円。
カステラと同じで、端っこ(紙の付いているところ)は、甘くて香ばしくて美味しい。

それから、京都は『なんでも、おたかくぶって、たけぇ~』なかで、<松屋常盤>承応3年(1654年)創業、現在17代目の『みそ松風』1本800円(予約のみ))
ここの一番の能書きは、歴代天皇のお好みです。
まぁ~ねぇ~天皇は日本の象徴ですが、近いご親族の交際相手のお母さまは、ケイアンに言わせると、(>_<)わり~人。金は借りたか、もらったかを、はっきりせんで、おまけに、一流好みなんて(>_<)たぁ~け。

(*_*)デブダ~ッ ついでに笑ってね。
ケイアンが芋けんぴの次に好きなモノは『奏天』という名前だと最近知りました。
かりんとうみたいな小さな粒々が集まって、くるりと砂糖衣で巻いてあって、2㎝くらいで、セロファン紙のアメ結びで袋に入ってます。
文化5年(1808年)姫路藩の河合さん(家老)が、南蛮菓子を学びに人を遣って財政改革。
今なら、町おこし、村おこし、『道の駅』で売りますってことかしらん。
油で揚げて、砂糖で巻いてなんて、大好きなケイアンは、まるで自殺ならぬ自滅行為かよ(>_<)
姫路のかりんとうは、腰のあるうどんのように、しっかりこねて、ねじって、四度揚げです。
関東のように、軽い歯ざわりでなく、よう噛んで食べるから、ちぃ~とは少しで腹ふくれるかしらん(>_<)

カウンター料理教室はじめました。料理コースともで2,200円です。
第1回は『ほたてのムスリーヌ』
 ほたてを白ワイン少々でプレゼ、美味しい煮汁をホワイトソースに戻します。
コクを出すために、卵黄を加えますが、フツフツ煮立つところは、シュークリームを作っているようなワクワク感があります。
第2回は『牛の赤ワイン煮』
 ケイアンはサーロインやヒレよりリブロースが好きなので、こちらを使いますが、どこの部位でもOK。加える水分の量の半分を赤ワインにします。
どちらも、絹ごし豆腐を2㎝角に切って、湯せんで温めて(レンジでもOK)皿に盛りつけます。
2品とも、たいそうな名前をつけていますが、コツを押さえれば誰でも作れます。
スパイスは粒胡椒を必ず挽いて、ハーブはローリエを庭から摘んできます。
レシピも差し上げます。お友達にコピーを差し上げてもOK。
ただ、毎日ガルニチュールを旬のモノにしますから、レシピは変わります。
『今日の後に今日はなし』
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
かわら版 カレンダー
« « 2021 5月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
女将の著書
Warning [PHP]: opendir(/home/keian/www/keian/modules/d3blog/images/caticon) [function.opendir]: failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113