Where were we?

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2020-7-17 7:09
( ^)o(^ )2012大人気料理家50人のニッポンのおかずBEST500(主婦の友社)
師であった村上祥子が入ってなくて残念です。
師は、『77才元気すぎる料理研究家、頑張らなくても、おいしい、らくチン食生活』を
モットーにされていますが・・・・・・・
はっきり言って「私は、もうええわ」
1人分(30g)の枝豆、レンジでチンして作るより、鍋に1cmの湯で、ひらたに並べて、ゆでれば、カンタンでおいしいモン。

BEST500レシピで、一番気に入ったのは、唐揚げ(小林カツ代氏)
今は、揚げ焼きが主流ですが、揚げ油の温度が170℃であれば、温度計をななめにさしても、3cmの油が要ります。
『油の中で泳がせても、皮を下にして、皮に、こんがりと色づけ、裏返す。あとは、ときどき空気にふれさせるように、箸を動かす』。スーパーの惣菜売場をのぞいたら納得します。

ケイアンは、30才のとき、食鳥協会のコンクールに、『鍋を背負った鶏』でエントリーしました。
イギリスの『グランママのアイアンフライ』のパスティヤージュ
  鶏モモ肉 2枚
  塩、こしょう 少々
  ガーリック 小1  カレー粉 小1  パセリのみじん切り 大1
下味をつけた鶏を、テフロン加工のフライパンに、冷たいまま並べて焼きますが、
『鉄のおさえ金』がなかったので、鍋に水を入れてのせます。
中火で10分、返して10分焼きます。

40年前に、配偶者に『鶏アカン、唐揚げだけ』と言われ、ビックリ仰天(@_@)。
今では、酒蒸しもうまい。鶏と角ふの煮たのも、うまい。
もちろん岐阜の『おおごっつお』茶碗蒸しも、鶏の脂が、キラキラ浮いていることが、魅力となりました。

ところで、フライパンに残った脂ですが、レンジで熱々にした<おから>に吸わせましょう。即冷凍。いつの日にか、ハンパな材料とあわせて<いり煮>。仕上げにネギを加えたら、ミステリーな美味しさ( ^)o(^ )です。24時間以内に、手をかけられなかったら、処分。
過酸化脂質は、お肌や内臓の老化です。

( ^)o(^ )何の話でしたっけ。
師の村上祥子『としくわしたなぁ』『やせやしたなぁ』
料理家にとって、ケッサクはありません。それは、生きている限り、どんどん新しいレシピを作るからです。
ケイアンは、料理家ではありませんから、『また、作ってね』と40年。
作って、作って、作り込んだモノを、お伝えしたいと思います。
あそびにきてね。
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
かわら版 カレンダー
« « 2020 10月 » »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
女将の著書
Warning [PHP]: opendir(/home/keian/www/keian/modules/d3blog/images/caticon) [function.opendir]: failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113