草を結ぶ

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2020-5-8 5:05
草を結ぶって、恩返しをすることです。
中国の話ですが、娘を助けてくれた恩人のために、死んだはずの娘の父親が、戦場で草を結んで、敵を転がしたそうです。

師であった村上祥子氏とは、1985年からのお付き合いでしたが、私は草を結べたのかなぁ~~。
師の料理研究家デビューは、1ドル360円の頃、アメリカのアーモンドコンクールでグランプリをとったことからです。

『ポークハワイアン』
① 塩小さじ2をふった角切りの豚肉1キロをソテーし、生パイナップルの果汁3Cで、カラメル色になるまで煮つめます。
② とりまぜフルーツ1キロを、レモン汁・グラニュー糖・オレンジリキュールを各大さじ2でマリネ。
③ 乱切りのさつまいも200gを揚げます。
そうそう、ポイントのアーモンドソースは、スライスアーモンド1Cと牛乳2Cをミキサーにかけて絞ります。
④ クレソンをあしらいます。
一度食べてみませんか?
それとも、(@_@) パイナップルだけ食べたい(笑)。

沖縄のピーチ種というパイナップルなら、手でちぎって、芯まで食べられます。
1玉500g~800gで600円くらいです。

それとも、(@_@)パイナップルの缶詰なら、こんな話もあります。
うちの松尾とくさん(昭和8年生まれ)が、風邪をひいて熱を出していた時に、松尾巌さんに、パイナップルの缶詰が食べたいと訴えました。
彼は枕元にコロンと転がしましたが・・・・・・。
『わたい<グズラ>やないで、缶ごとは食べられんわ』と、彼女は( ^)o(^ )1ヶ月くらい、缶詰を毎晩、枕元に転がしておいたそうです。
うちの配偶者(昭和26年生まれ)も(●^o^●)そのくちですが。
<グズラ>はネットで検索してね。

草を結ぶには食べやすいように・・・・・
(@_@)缶を開けて、フォークとスプーンをそえましょう。
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
かわら版 カレンダー
« « 2020 7月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
女将の著書
Warning [PHP]: opendir(/home/keian/www/keian/modules/d3blog/images/caticon) [function.opendir]: failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113