ワイズマンとワイズガイ

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2019-9-29 12:35
英語のワイズマンWISE MANは【かしこい】、ワイズガイWISE GUYは【知ったかぶり】
真逆ですが、ケイアンのブログはいかなるものか・・・・

もう(どわるくち)だって書いちゃう(笑)。
義兄とはもめましたが、義弟とはなんとか・・・
義弟のところから毎年、米と柿をいただいております。
山田定男さん、今年もちょうだいね(笑)。

暑かったのが、なんとか涼しくなり、ちょっと(あぶらけのあるお菓子)が食べたくなります。
ラードは重いですが、うまいです。おまけに揚げてある沖縄の(たうちいちゃう)42年前に食べたくて、一人暮らしの部屋で、ただ写真をながめていたのに、今皆様に紹介できて幸せです。

ピーナッバターと白ゴマ、ピールが中味ですから、パラパラとして食べにくい。
食は世界共通ですから、ドイツのストロイゼルクーヘン、アメリカのシューフライパイと似ています。
(たうちいちゃう)は、溶かしラードで小麦粉をまとめて皮をつくります。
写真をみて下さい。とじめが縄のようになっています。
皮を作りあげてから色を練りこむので、なるほど沖縄っぽいですね。
とじめが丸いですが、本当は闘鶏のとさかのように、角張っていなければいけないそうです。13回忌以降の法事のお菓子だったとのこと。
きっと、形式ばってケンカしたらアカンと、今は丸いとさかになったのかしらん。

義兄や義弟とも13回忌のときは、「酒飯烹成」で仲良くできたのにな・・・
平成5年の相続で、今モメとったらアカン。
うまい酒と茶をもっていくから、米と柿ちょうだいね。

レシピです。
小麦粉300gに、とかしラード90g、水100gで皮を作ります。
いりごま60g、ピール40g、グラニュー糖80gをピーナッツバターでねります。これが中味です。そして揚げます。
紙は何回もとりかえて、油切りしましょう。沖縄菓子
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
かわら版 カレンダー
« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
女将の著書
Warning [PHP]: opendir(/home/keian/www/keian/modules/d3blog/images/caticon) [function.opendir]: failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113