一番大切なことは目に見えない

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-12-9 12:49
「星の王子さま」の作者であるサンテグジュペリは、飛行機がやっと飛び始めた頃の、国際定期郵便のパイロットでした。
イギリス・マンチェスターに住む長女一家には、なんと〒140円で届くのでびっくりしています。
また、詩人堀口大学の訳は素晴らしいですね。
<自分より幸せな人をそねみ、自分より幸せでない人を(>_<)> それでもアクティブな人なら、逆に「自分にはできへん」とネガティブになる。
目に見えない幸せってなんやろね。

ロシアは広大な国やから、そんなこんなで意見がちがうし、同じ民族だけに、戦うのかしらんと思っていたら、ボルシチを作りたくなりました。
ボルシチに、一番に見えることは、ビーツ。それからキャベツ、トマト。

一番カンタンなケイアン風レシピ。
牛肉 400g ビーツ 100g キャベツ 200g 玉ねぎ 200g 人参 200g
じゃがいも 200g を水ヒタヒタより1~2㎝上で煮て、トマトケチャップで調味する。
塩、こしょう、ソース、しょうゆ、をテーブルに用意し、各自が好みに調整する。
食べる直前に、サワークリームまたは生クリームかコーヒーフレッシュを、たらりとかけること。

参考までに
モスクワ風は、ハム・ウインナーソーセージを(●’◡’●)
シベリア風は、肉だんごを(❁´◡`❁)
ウクライナ風は、白いんげん豆を(@_@)
モルダビア風は、なんとビーツを使わない。

スペシャルは、キャベツを丸ごと、他の野菜も丸ごと煮て、食卓で切り分けるそうですが、ケイアンもいまだ達成せず。
ご予約いただけましたら、配偶者(S26年生まれ)から、さい(S7年生まれ)、娘(S58年生まれ)、友人知人に食べてもらい、完成に∞なく近いMONOを、メニューに加えます。
乞うご期待あれ(笑)

Sticks and stones

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-11-30 9:10
直訳すると、「棒に石」
 ♪♪悪口なんて、気にしない♪♪
原本では、<Sticks and stones may break my bones,but words will never hurt me.>

17日~27日まで
1、 さい(S7生まれ)の、転倒から帯状疱疹
2、 とく(S8生まれ)の、施設入所におけるいとこ(トラブルメーカー)
3、 入居者(キッチンの天井水モレ)
4、 入居者(バスの排水モレ)
5、 大豆の仕入先
6、 特別寄与の好意的解釈
もう、なにやってんだか、わかんない。
それでも、24日に弾丸トラベル。
 配偶者カー(笑)で、往復5+5時間で、<つきぢ田村>の女将:田村文子さんに10分お会いできたことが、メチャHAPPY。
ケイアンは常識に非ず(笑)。
常識が無いわけではない、とブログのファンの皆様からエールがありました。
本当にありがとうございます。

さぁ~明日から事始(ことはじめ)
正月とクリスマスの準備をはじめます。
・カラスミは、つきぢ田村2013年(H25)直伝
 ※ぼらの子をつけるのは、塩が10に砂糖が8
・シュトーレンは、伊藤幸子先生1985年(S60)直伝
 ※ドライフルーツは、レーズンの大きさに合わせて、きざむこと。

作りたい人、食べたい人は、是非ご予約下さいね、
お待ち申し上げます。

I'm mad ! (頭に来た)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-11-10 10:50
ケイアンは、それなりの運もあったし、努力もあったと思っていますが、20年<とうふ屋桂庵>をさせていただいております。マクドナルドにも、令和元年9月から働かさせて、いただいています。

滋賀県長浜(ラーメンで有名、とくに、こってり系のジョニーさん)で、香織さんからのメッセージで?! 香織さんは『命を生きる』仕事をしておられます。
メタボやがんのリスクは、外食というわけです。
アカンこと4
 ・油の質
 ・味が濃い
 ・テーブルがべたつく
 ・バックヤードに野菜の箱がない
だそうです。
当たり前のようですが、店の立場もあるしねぇ?
というわけで、短歌を作りました。
 <バックヤードは 冷凍庫なり アメリカよ マクドナルドを 信じてポテト>
ブログのファンの皆様、(>_<)頭に来たことで、外食をあきらめんといてね。
ケイアンにとって、頭に来たことは、食べ物の廃棄です。

岐阜は、富有柿の産地です。いただくことが多いです。
ボトボトの柿が嫌いな人も、ゴリゴリの柿が嫌いな人も、捨てる前に、一度試してみてね。
ボトボトの柿は、柿ようかんを作りましょう。
1993年(H5年)から、作り続けています。
柿1㎏(正味)の75%(重さ)の氷砂糖につけておく。
氷砂糖が溶けたら、ミキサーにかける。
火にかけ、ひと煮たちしたら、粉寒天20gを、水150gでふやかして入れて、ひと煮たち。
ひと呼吸おいて、ひと煮たち。型に流す。
水アメを入れると、∞老舗の味に近くなります。
ゴリゴリの柿は、生食に。一味唐辛子と塩をつけて食べてみて !!!

昨日は、かりんを2個いただきました。過去に50個、庭師の方にいただきました。
ケイアンのところにきてくれるモノは、(@_@)重傷や骨董品のこともあるので、何をさしおいても、とりかかります。
50個のときは、すりおろして、同量(重さ)の水アメとつけました。
こんなときは、もらって下さる方もあること(^_^)(等価交換は絶対ムリ)
2個のときは、輪切りにして、干しました。
お天気次第ですが、元手は一切かかりません(^_^)
お湯で煮出して、ジュースにすると、咳止め。(アミグダリンという機能性成分)
お試しあ~れ。レシピに?の方は、ご来店あれ(^_^)

How are you holding up ?

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-10-20 11:03
お変わりないですか?
久しぶりに会った人に「デブったね」はNO。
元気かどうかもNO。
65歳ケイアンの実感です。
古代ギリシャの哲学者ソクラテスは、『人の話において、答を言おうとしないこと、だそうです』。相手の立場になりきっても、なりきらなくても、別れたあとで、心を残さないことがYES。
東京SOUKA小学校の掲示物ですが、『人を笑顔にする算数』
 たす[ + ]は、たすけあう
 ひく[ - ]は、ひきうける
 かける[ × ]は、こえをかける
 わる[ ÷ ]は、わけあう
立派すぎるかもしれない算数ですが、なんとなく心にとめておいては、いかが?

秋は思う頃。
栗むし羊羹は、ええけど、
買うのはOK、食べるのはOK、作るのはNO。
だいたい蒸し器(四角い、三段、アルマイト鍋)なんて、あっても、手の届かない、流し台の奥にありませんか?
ステキなレシピをプレゼント。
小麦粉でなく、そば粉を使うのが<和>
井村屋の、ゆで小豆 1P(約200g)
 そば粉 45~50g
 あれば、栗のカンロ煮4~5個(40~50g)
ボールに、ゆで小豆を汁ごとあけて、そば粉と、水大さじ2くらい混ぜます。
ラップに、長方形になるように包んで、600Wレンジ3~4分。
トロトロの部分がなければOKですが、あっても生煮えでないので、食べられます。
栗のカンロ煮は、粗みじんに切って混ぜます。
冷めてから、ラップを外し、切り分けてね。
残ったそば粉は、冷蔵庫にスタンバイ。
[そばがき]を作りましょう。
そば粉を、熱湯で練るだけですが、水でこねて、ゆでたり、水でこねて、中火にかけたりの方が、令和の人には旨いです。
それもNOの方は、ケイアンへお越しください。
50gなら差し上げます。

実るほど 頭を垂るる 稲穂かな

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-10-5 9:00
もともとは短歌です。
 <実るほど 頭を垂るる 稲の穂と へりくだる人の 心ゆかしき>

有賀さんとおっしゃいます。
[京都・南座]錦秋特別公演のお土産をちょうだいしました。
演目は、<祇園小唄><大阪ぎらい物語>
藤山直美(S33生まれ)演ずる千代子が、ケイアンそっくりだと、笑っておられました。
南座限定 なだ万のお弁当と最中を、お土産にちょうだいしました。
お弁当は、9つ仕切りで、ひとくちふたくちで食べられるおかず大集合。
里芋にかぼちゃ、さんまに・・・(@_@)
ケイアン20周年などと、なまえらそうにしていて、反省させられました。
そして、南座のとなり「祇園饅頭」の、豆大福としんこを、ちょうだいしました。
創業文政年間なのに、[おひとつからどうぞ]と、買いやすかったからと、ひとつずつです。
[ありがとうございました]のあいそがないのは、いばっているわけではなく、つり銭を間違えんためや、と笑っておられました。弁当 1,500円 最中3個入り 800円 そして、
豆大福(粒あん)50g 200円、しんこ 50g 170円 と、値段まで(笑)教えてくださったのは、20年のお付き合いです。
そして、[もっと、もっと勉強せぇ~]と・・・。

よう わからんけど(笑)
 [一粒の種もみは 二・三千の米粒を実らせる]
美味しいものは ∞ と、なんとか、おこたえしようと、[稲穂]の落雁を作りました。
是非、ご予約下さいませ。

PS 南座の前を通りながら、一度も、たろさ(S14生まれ)を連れていってあげなかったことを、思い出します。
さいさん(S7生まれ)、とくさん(S8生まれ)も、「わたいんたも、連れてってもらわへん」(笑)
ちなみに、ケイアンは、年々、たろさにそっくりだと申します。
ご予約なくても、顔だけでも見にきて(笑)
<暗夜行路><城の崎まで>などの作家:志賀直哉は、濃い味が好きだったそうですが、
『たいがいのものは塩辛くないとうまくない』とのこと。

松尾とく(S8年生まれ)は、塩気が少ないと[あじない]と言います。
もっとも松尾家は、砂糖としょうゆの混成の塩気ですが、塩小さじ1/5は(1g)、これは、しょうゆ小さじ1(6g)に相当します。塩1gをわかりやすくいうなら、回転寿司スシローにある塩1袋が、ちょうど1gです。
人間が美味しいと感じる塩分濃度は、0.8~1.5%までと言われていますが、今年の栄養学賞は、キカイ・ナンカイな<イグ・ノーベル賞>受賞の、味を変える箸の研究。
[ほんの少しの電流を通した箸で食べると、感じる味がちがう] 管理栄養士のケイアンの妹に、減塩をいつも指摘されておりますが、一度聞いてみたいです。
ケイアンに言わせれば、ぜんざいの甘味を増やしたいときは、塩を加えます。
1986年(S61年)頃、無塩バターでのレシピを、スリジェのマスター河合さんに教わりましたが、ウインクして、ほんの少しの塩を、とおっしゃっていました。
もっとも、イグ・ノーベル賞は、なんと20年続く研究ですから、凡人には良報です。

レシピです。
1964年、東京生まれの飛田和緒さんの<パンのトマト煮>です。
ニンニク みじん切り1片分を、オリーブ油 大さじ2で炒め、トマトの水煮300ccと、6枚切りの食パン2枚を細かく切って煮るだけです。
塩は適量とありましたが、これほど塩の量で味が変わる料理は、ケイアン65才にして、初めて知りました。
[ブルスケッタ]を、初めて食べた35歳のとき以上の、驚きです。

ちなみに、<とても おいしい> のことを、
 熊本  まうごつ うまかー
 群馬  なっから うんめぇ
 愛媛  がいに うまい
 大分  しんけん うめぇっちゃ
 和歌山 めっちゃ うまい
 新潟  ばか うんめぇ
 福井  ひっで うまいんやざ
 福岡  ばか うまかばい
そして、ケイアンは配偶者に『これ バカ旨はっちゃんやで 食べて』と、試作品を出してます。なんて笑ってね。

年とれば 同じ話に 色つけて

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-9-16 12:31
69才の和田浩司さんの川柳ですが、拝見して「なんと素晴らしい」と感激しました。
松尾さい(S7生まれ)、松尾とく(S8生まれ)にケイアン(S33生まれ)、掛け合い漫才のように、アホ日記をしています。

敬老の日に先駆けて、<たんぱく質の日(9月11日)>というのがあります。
どうも森永乳業が決めたみたいですが、たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸のうち、必須アミノ酸が9種類、非必須アミノ酸が11種類。

昔は、年寄りに肉なんて・・・・・・(>_<)
そんな時代は▲、年寄りのフレイル予防に▲とらんとあかんで !!
もっとも、1日当り、65才以上男60g、女50gだそうですが・・・

さて、レシピです。
チャンポン麺はいかが?
必ず、たんぱく質は肉(豚)と魚介(えび・いか)類で、野菜はキャベツとモヤシは必ず入れること。これがコツです。
あとは、かまぼこ・ちくわ・玉ねぎ・人参をお好みでど~ぞ。
そして、なんといっても、おすすめは厚揚げです。
厚揚げがなかったら、とうふを100g、レンジ600W1分でアツアツにして、水切りし、水気を拭いて、最初に油焼きして取り出し、他のたんぱく質を炒めればOK。
だしとかスープとかあればいいけど、なければ水でいいよ(塩・胡椒・しょうゆ・ほんの少しの砂糖で・・・味をみてね)
必ず、片栗粉でとろみをつけて、麵とあわせてね。
年寄りに、お茶まで、飲み込みやすく、咳き込みにくくと、[とろみちゃん]なんて商品もあります。

ちなみに、チャンポンは、長崎の四海樓が発祥。
今は、4代目・陳優継さん(56才)、¥1,080はリーズナブルとケイアンは思います。

PS
たんぱく質を、「そんなにそろえられん」というお方は、安くて常温でおける魚肉ソーセージをおすすめ・・・・・・味が完成されていますので、そのまま[うまみちゃん]になります。味のバランスをとるために、できたら厚揚げは入れてね。

make my connecting flight

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-8-25 10:35
★乗り継ぎ便に間に合う
I’m worried I might not make my connecting flight. What should I do?

職場のみんな、ご近所の友人、かかりつけのドクター&スタッフ、救急車乗務経験ありの親戚、「なんか ええもん買ってこ」と、土産を選んでいたら、ハブ空港は韓国、アブダビ経由のヘルシンキまわりとあれば、なんといっても乗り継ぎ便に間に合わんかと、どえれぇ~心配やわ。どうしたらええ?

それから、パスポートなくしたら、どうすりゃええ?
・パスポートの写真のスペアがあればええけど。
・大使館なんて、国にひとつしかないんやでぇ。
警察に飛び込もう。日本人として、税金と年金を払っているかが、健全なる証のひとつです。
そして、パスポートのコピーを持つこと。自動車免許にも写真があるので効果あり。
添乗員もいない、英語もできん。一人旅におすすめの
Let me see what we can do for you.
なんとか間に合うは、make です。

makeと言えば、レシピです。
通年、真空パックで販売している店もありますが、季節商品の<栗むし羊羹>
作ってみませんか?
H6(1994)9.27に《菊里松月》(名古屋市中区新栄3丁目23-10 052-241-5317)
の服部功先生に教えていただきました。
 こしあん:640g  塩:2g  小麦粉:60g  もち粉:10g
 葛粉:10g  栗みつ:80g  水:20~35g 栗カンロ煮:16個
とっても、おいしいです。
ただ、60分蒸すのが、暑いのでキビシイかも・・・
服部功先生は、とうふ屋桂庵にも奥様とご来店下さったんですよ。
本当にありがとうございます。

運命には さからえないけど・・・

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-8-9 5:00
8月6日 午前8時15分
8月9日 午前11時2分
「今は なにもわからなくてもいいから 亡くなった人に 黙とうを」
ある陶芸家が、お孫さんたちに話されることを知りました。
そして、長崎原爆は、小倉(現在の北九州市)への投下予定が、天候不順と長崎の中島川に架かる橋の都合で、運命をわけたと『新日鉄』(旧八幡製鉄)の方にお聞きしました。
『新日鉄』は、師であった村上祥子のご主人、村上啓助氏の会社でしたから、『くろがね』という社内報をいただいたこともあります。

岐阜空襲 7月9日 午後11時34分
松尾家は、目の前に焼夷弾が落ちたにもかかわらず不発弾だったので、ながらえています。
創価学会の中神恵美ちゃんは「運命」でなく「宿命」ではありますが、それは「使命」によって、動かすことができると、説いてくれてます。

花火大会もコロナで4年ぶり。従来は新聞社2社の大競演(7月の最終土曜日と8月の第一土曜日)だったものが、タッグを組んでの8月11日の一日限りとなりました。<こりゃ運命かねぇ~(笑)>
ブログのファンの皆様、トイレが心配だったり、雨宿りにはケイアンへどうぞ。
ビーフカレー50人前といなり寿司100個で、おもてなしをさせていただきとうございます。
もちろん、花火は《みんなのモノ》タダですので、是非ともね。
店を20年させていただけるのも運命のおかげかなぁ~。

岡田史織氏、1984年生まれの料理研究家が、1958年生まれのケイアンとタイ張りそうな顔(ゴメンナサイ)で、リフォーム(大問屋)のチラシに出ています。
築50年以上前のマンションでフルリノベーション。イームズチェアは10年かけて、10脚買い集め、ハプニング仕様のキッチンだそうです。美容師のご主人もアーティストなんやろねぇ。

ちなみに、ビーフカレーは38年のレシピです。
10人分でカレーソースのベースは
 バター 50g 薄力粉 50g カレー粉 大さじ山盛1杯 ETCで
 水は1ℓです。
これを50人分にするには、水だけは5倍より20%減らします。火力が一定なので、水っぽくなったり、煮詰まりすぎないようにするためです。

土井善晴氏、1957年生まれの料理研究家に運命があれば、お会いしたいです。
料理研究家土井勝・土井信子ご夫妻の長男でありながら、フランス料理留学、「吉兆」修業をされながら、《一汁一菜》を提案されておられます。
ご飯と具だくさんの味噌汁だけでよいと、センセーショナルです。
ケイアンも、米5㎏ 牛肉1.5㎏ 玉ねぎ5㎏ じゃがいも2㎏ 人参1㎏ 用意しました。
ねぇ~、カレーだって具だくさんの汁やんけ(笑)
お待ち申し上げます。

おてまえいりを、わけわけしてね

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-7-30 8:36
人とのつながりの中で、モノを差し上げること、モノをいただくことは、むつかしいです。
「あんたは、横流ししている」と、血のつながった人に言われただけに、傷つきました。
シェアのつながりを共同性、ナイショのつながりを親密性と、師の村上祥子に気付かさせていただきました。

師は晩年、ご主人と二人暮らしの中で、たとえば、りんご1箱送られてきたら、喜んでいただける方に、「とても美味しいよ」と、ドーンと送るそうです。冷蔵庫に入れれば、かさばるし、室内におけば、味がどんどん落ちるからだそうです。
りんごで、ガーネット色の超ステキなスィーツを作るレシピはあっても、砂糖を加えたら、倍々になり、びんも買いに行かんならんし、また、それを配って歩く時間がないそうです。

ケイアンは、世の中で一番好きなことは、65才になってこそのヒートアップ。
食べ物を作って、配って歩くことです。
KIMIちゃんに、四つ葉バター150gを2回いただき、嬉しくて、焼きりんご13個作りました。<ダイエットは明日から>が合言葉。りんごを傷つけないように、細心の注意で、大きく穴をあけ、バターとそれに見合うだけの砂糖を入れます。
電子レンジで1個ずつ作るレシピもありますが、13個ドーンと焼くオーブンのレシピでも、かかる時間は同じです。
(^^♪電気代とガス代の差だけです。なんて笑ってね(^^♪

岐阜弁(手づくりの品をいただいたときには、おてまえいりをありがとうございます)
   (ひとり占めしないときは、わけわけします)
ステキなシェアとナイショだと思いませんか❔

もう1個のバターは、
まとめて作るチキンライス(バターと鶏むね肉、玉ねぎ、ケチャップを入れて炊きます)
それとも、カレーバターソース(とうふステーキに、カレー粉とバターを練り混ぜる)
どちらにしようか思案中。

いただいた素材を加工して配るのは、日本人の得意な加工貿易と一緒かもしれませんね。
そして(>_<)ナイショですが、なぜかケイアンのところへは、(@_@)重傷と骨董品が届くことが多いのです。
たとえば、元は活鯛(笑ってね)、自分では買えない高級品が、こんな姿になっちゃった、とあれば、ケイアンに「ねぇ、アンタなら、なんとかしてくれるやろ」。
そして、イキイキと、家事を放り出し没頭するケイアンに、付き合ってくれる配偶者にありがとう。
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
かわら版 カレンダー
« « 2024 5月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
女将の著書
Warning [PHP]: opendir(/home/keian/www/keian/modules/d3blog/images/caticon) [function.opendir]: failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113