とうふ屋桂庵のホームページに、ようこそおいで下さいました。
<とうふって、こんな味だったの>と、よろこんでいただけたなら、ハッピー。
<マシンガントーク>になるほど、熱く料理のことを、語ることもあります。
どんなことでも、きいてください。
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
女将の著書
 
  • That's just like you ! (さすが!)(2016/12/06)
    !!!!!!!!!
    自分の体の具合も、介護も、幼児のご飯もと気ぜわしい思いの方からのメールです。

     ケイアンのさすがと思うメニューを紹介します。
    大根の皮と身の間に滋味があるからと、皮もむかないで、動物性のタンパク質のものと煮込みます。料理研究家の土井善晴先生のレシピです。
    大根500グラムに肉なら300グラムです。
    ケイアンの主婦1年生の時代に覚えたことは、先の部分と真ん中、シッポの部分とそれぞれに料理しましょうでした。
    義母の実家が大根農家でしたので、
    葉がたっぷりついた新鮮な大根をたくさんいただき、茎は3cmに切って、パスタみたいにして、葉はゆでてキュッと絞り、ふりかけをつくることも覚えました。
    皮が美味しいのだからと、千切りにして干して、切り干し大根をつくり、
    <ハリハリ漬け>なんて江戸前のおふくろの味も順に覚えました。
     
     土井先生は、さすがです。現代の急がし主婦の味方ですね。<もったいないのは>ひからびさせたり、くさらせたりして、くださったかたの好意を無駄にすること。

     ところで、彼の亡きお父様は,
    黒豆を、調味した熱い煮汁でもどし、一晩おいてから、コトコト煮ることを
    教えて下さった方です。もとが板前さん?でしたから、包丁の腕はたいしたもの。味付けが濃かったのは、戦中派の方だったからと人づてにお聞きしました。
     うちの松尾とくさん<昭和8年生まれ>は、黒豆の煮方に7年かかるなんてと、!?ちなみに、彼女はこの歳になるまで、黒豆を煮たことないのです。

     亡きお父様の後を守ったお母様は、体の具合の心配と多忙で、主婦がレトルト食品だけにならないように、食事の支度をする前に、おまんじゅうをひとつたべることを教えてくださいました。これは、自分ひとりだけの楽しみで家族も仕事も忘れることです。砂糖に含まれるセトニンは脳内物質に働きかけて、賢さと優しさを産みます。さすがです。

     ところで、ケイアンの<さすが>は?
    クリームシチュウの箱をつかっても、具の目方の合計と加える水分だけは、守って、一つだけの具でつくります。
    昨日はさつまいもでした。皮をむいて水にさらしたら、100グラムにつき600Wのレンジに2分かけます。煮込むことをあまり考えないで、とろみのある熱いスープになじませるくらいのスピードです。さつま芋はでんぷん質ですから、煮崩れます。小さな柔らかいところが幼児食になり、とろみがついたところで、大人は、胡椒をきかせ、チーズをパン粉をのせてオーブンで焼きます。
     いかがでしょうか?
  • I'm motivated (やる気がでたよ)(2016/11/28)
  • DON’T MISS IT <みのが...(2016/11/21)
  • This is a first for me (初めてなんだ)(2016/11/15)
  • Take a bite (一口どうぞ)(2016/11/03)
桂庵かわら版のトップへ