わかいひとのきもちは

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2009-6-8 9:25
日曜日は、若い人とのふれあいを、書くつもりでいます。
また、また、更新が遅れてしまいました。
PC能力もですが、自分の気持ちに屈託があると、文章を書くことは
進まないみたいですね。
反省。このかわら版を書き続けるためには、自分の気持ちを、
朗らかに持っていくことが大事かな?
 そして、何よりも、コメントを下さった方、お問い合わせに
メールを下さった方の気持ちを、大切にすることだと、
思います。ありがとうございます。
 ところで、若い人が働く意欲をなくすひとつが、
長く働いている人からの引継ぎにあるみたいです。
私のことですが、小さいときから、かわいがってもらった叔母ですが、
さあ、退職というときはたいへんでした。
なにがって、いっさいモノを言わなかったからです。
それまで、親族のことであり、言いたいこともいえば、
モノのやりとりも煩瑣でした。いまになってみると、そうだったかな
、こういうことを、時が解決するというのかな?
だいたい、モノ言わないというのは、自分の都合であって、相手である
若い人には、なんの責任もないことが多いのですから、わりきることです。
昨日の分がいまになってしまいました。
これから、若い人と会うことになっています。
また、別の話を聴くことが楽しみです。

キトキトとぶりおろし

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2009-6-7 10:53
今日は、一茂くんとのトークなんですが、
パソコンのお勉強と重なり、またまた、遅れてしまいました。
タイムオーバーを、果てしなく繰り返したわけではありません。
 <キトキト>から、はじまって、<ぶりおろし>って、どんな料理ですか?
ということでしたね。
両方とも、富山県の氷見という、寒ブリで有名なところの言葉で、料理名でありません。
<キトキト>は、魚の鮮度が、抜群なこと。
<ぶりおろし>は、ぶりが美味しい季節のこと。或いは、その季節の雷鳴のことです。
俳句でいえば、これは、冬の季語になります。
12月から、1月は、北から、南に下がってくる親ぶりで、春先の産卵にそなえて、よくえさをとり、太って脂がのるからです。また、身を切るような冬の海に船を漕ぎ出す漁師の心意気を感じさせるような、冷たい風のことを、言います。
 さて、その寒ブリを盛るうつわのことですが、、、、
決まりはありません。
丸でも、四角でもいいのです。
ただ、日本料理には、いろいろ、きまりごとがあるみたいです。
どれも、美味しく食べてもらいたいという心からですが、それよりも、その素材に感謝するところからです。美しさと同時に食べやすさです。
たとえば、染付けの角皿の場合、常に真横に使うとは限りません。
角を、手前にもってきます。盛り付けは、対角線を基本に、流線形に切られた焼き魚を
真一文字に盛り、これは中心です。その前に、口直しになるような、赤カブの酢漬けを、
後ろに、季節を感じるような、葉っぱを飾ります。上下に器の広がりを感じるでしょう。
 大切なことは、当たり前ですが、箸を入れやすい方向を考えておくこと。
基本は、時計の針の11時の向きです。
盛った料理が、9時から11時の間の角度を向いていると、右手に持った箸が、
すっと入り、とりやすくなります。
 と、いうわけで、富山からの出張の話を楽しみにしています。

トン汁

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2009-6-6 6:25
ふれあい探求じんとのお題が、トン汁となりました。
彼の作り方は、真にせまっています。
具よりも、みそとだしで決まるとのことですが、
いかにもそのとおりですね。
栄養学的には、たくさんの野菜をたべるところにあるのですが、
汁を吸うときは、うまみと香りです。
うまみのなかには、野菜からでたものと、豚肉からでたものの
複合があり、香りには、吸い口があれば上等ですが、
大衆食堂でみていても、必ずといっていいほど七味唐辛子を
かけていらっしゃる方をおみかけします。
具は、豚肉は一人当たり20グラムくらいと決まるのですが、
野菜の種類と量はさまざまとなります。
だいこん、にんじん、ごぼう、さといも、じゃがいも、さつまいも、
ねぎあたりですが、
こんにゃくをいれると、たぬきじるになります。
豆腐をいれると、みそけんちんじるになります。
なんでもいいのですが、いもの類と豆腐とを同時に
いれることだけはなさそうです。
それだけ豆腐の個性があるようで、ないようで、強いので
しょうか?
きょうは、うちの松尾太郎くんに同行して、学校給食会に
豆腐の納入の返上の手続きをいたしました。
連絡ミスが重なり、みそけんちん献立のときに、
調理員さんをあわてさせたことを思い出しています。
滞りなく学校給食の配膳は済みましたが、思うところがあって、
ひとりであらためて、校長室に出向きました。
今年の2月のことでした。
勉強してもらうための学校給食から、食べてもらうための教育に
使命が変わりました。一事が無事で終えられたことが、
なによりです。ありがとうございました。
 そんなことを思い出しながら、豆腐は入らないけど、
もやしが入る、ふれあい探求じんのトン汁を、
今日は作ってみましょうか?

katikann かちかん価値観等価交換。

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2009-6-4 5:43
普通の主婦というか、、
1ヶ月に5万円の収入があって、年間60万円というのが、
私の子育て時代でしたが、、、
いまは、どうでしょうか?
ドラッグストアーで、パートで、働いている友人の話です。
一週間に3回の出勤で一ヶ月に8万円以下の収入だそうですが、
やめたくなったそうです。
お金の問題は、大きいのですが、これは、ちょっとはずれていて
薬事法の改正が、からんでいるみたいです。
<もう、複雑で、頭もついていかないし、一番いやなのは、
レジのお金が合わないときの、店長訓話>
<私と、特定されているような目で、見られているようで、
こんないやな思いするくらいなら、それだけの、お金をもらってない
わ。やめたい。>というような感じでしたね。
<やめたい>という問題を、聴いてみると、お金が欲しくて
働くというところから、もうひとつの等価交換を、望んでいるような
気がします。
お金で買えないものも、大きいのでしょうね。
お金で買えないものは、時間と心かな?

おたま

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2009-6-3 6:02
火曜日は、下内屋さんで、買い物をしたことを、書くことに
しています。
ここでの買い物のいいところは、
欲しいものの話をすると、すぐにつながることです。

 ここの店で取り扱っていないもののことでも、わかりやすく
話してくれます。私は、わかりやすく話すということが、苦手で
あると、最近になって、やっとわかりました。
わかりやすいということは、安心であります。

ここで、買ったおたまのことですが、、、
軽くて、注ぐときの、手のかえしぐあいがいいので、重宝しています
直径9センチで、85CCと表記されています。
汁物のうつわは、陶器、磁器問わずに、9センチ以下のようです。
これが、片手でもてる範囲です。
つまり、箸をもって、食べることができます
また、注いでみると、ちょうど、2杯分が、170CC
表面張力で、めいっぱいで、180CCというところかな?
軽量カップがわりにもなりますね。

ばくぜんとととくていなし

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2009-6-2 5:27
近くのI先生は、私の大好きなドクターであります。
専門医なのですが、それ以上に、心身の健康を考えて、
診療をなさってくださいます。
ご専門以外のことで、私は、ずいぶんと、救っていただいて
おりますが、<ばくぜんと>と書くのが、先生との、
お約束なのですから、ごめんなさい。
 
やながせは住吉町、サフランという名店のあったところを
借りて、店を持ちましたが、2年目に、松尾さいさんを説得。
こうして、2件目を、本町に持つことができました。
このときに、自分の店なのに、店の中に入ると、全く
耳が聴こえないということになりました。
本来なら、耳鼻科にいくところなのですが、、、

<いますぐ、死ぬってことがなければいいのです>と
訴えた覚えがありますが、、
私は、今、こうして生きていて、ブログを書いてます。
先生は、そのときに、患者の不調を、聴いてくださっただけです。

古代、ギリシャの医聖ヒポクラテスは、
<最大の医療は、患者との信頼である>といっています。
信頼するためにも、医院に通うマナーを、守らなければと
いつも、自分勝手な私は反省します。
 
いつも、診察券か、保険証のどちらかを、忘れていきます。
あとから、届けに行ってます。
財布を、忘れたことがないだけが、とりえです。

いま、おきているひとは

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2009-6-1 3:27
日曜日は、わかいひととのふれあいを書くつもりでいます。
またまた、月曜日になってしまいましたが、月曜日は日曜日の
続きということで、書きます。
ほんとうに、読んでくださるかたがあっての、かわら版なのです。
ましてや、この、時間に読んでくだるかたは、わかいひとです。
  
だいたい、年寄りは、早く目が覚めるのは午前5時のことです。
それより、早いのは、目的があって、起きるひとです。
いくつになっても、目的があるのは、わかいひとです。

今日は、ユニクロでお買い物。
黒のパンツを、買いにいきましたが。
接客してくれたのが、19歳の女の子。70のものを、買おうか?
73にしようか?
<貴女の齢の2・5倍だけど、はいてみるから、かっこよく
みえるほうを選んでね>と頼みましたが、70でした。
おまけに、今日、買うと1000円安くなることと、明日は、
安くなった1000円が、元にもどるということも、教えてくれて
私は2本を買いました。
色ちがいを買うのが、?です。わかいひとは、同じ色を買います。
あの、和田アキ子さんのおしゃれから、学びました。
数字をあげるのが、わかりやすいですが、同じ色のものを、一度に
買う勇気が、ありますか?
1月8日に、小倉やよい先生に指導をうけましたが、、、
身なり以上に心なりが、若くなりました。

あんのはなし

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2009-5-31 9:12
今日も、庵の話です。
一茂くんにいただいた、お題が、あん
なんで、杏仁<あんにん>とうふというところから、創めます。

杏仁とうふの杏仁は、
バラ科のあんずの種子ですが、果肉を目的とする普通のあんずから
はあまり、採れません。果肉の薄い<任用杏>という種類です。
これは、漢方薬、風邪薬として、古来より重宝されており、主成分の
アミグダリンを分解すると、あの、特有の芳香を、発します。

今は、コンビニのデザートに並んでいますが、とろんとした
プリン状で、カップに入っています。
もとは、シロップに浮いた、牛乳入り寒天です。
うつわとのバランスが、美しいものです。
先に牛乳入り寒天を、うつわに流して、かためます。
ナイフで、切り込み入れてから、シロップを注ぐと、糖度の違いに
より、浮き上がってきます。
切り込みは、斜めに、逆むきに斜めといれて、ひし形にします。
ひし形は、つまり、中国的にいえば、お宝、ダイヤをあらわすよう
です。薬用である杏仁水に甘い味をつけ、のどごしよく、
また、栄養価を付けようという、デザートです。
確かに、中華料理のコースのあとで、フルーツの盛り込みしだいで
おいしいですね。
ただ、本来の杏仁水から、ひとりあるきをはじめて、杏仁霜と
パウダー入りに変わってきました。
時代の流れかな?
  
庵が、杏が、
薬という共通点においては、面白いことがあります。
<桂庵>の名は、江戸京橋の医者 大和慶庵が、縁談の仲立ちを
したところから、はじまります。
 
中国の医者のことを、杏林というのは、神仙伝にありますが、
偉い人が、患者を治しても、報酬を受け取らずに、
重症の者は、5株を、軽症の者は、1株を、代わりに植えさせたら、、
立派な、杏の林になったことからです。
 そういえば、東京の三鷹に杏林大学というところが、ありましたね。

うつわの話にもどりますが、バランスということを、考えますと
これは、内側が白い磁器に限ります。
杏仁霜でなく、アーモンドエッセンスでよければ、
いま、つくりましょうか?

パン

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2009-5-30 8:43
パンがすきですか?

今日は、といっても、金曜日の課題をひきずっているのですが、
ふれあい探求じんとの課題が、パンなのです。
私は、パンが大好きで、結局、とうふ屋のパートでありながら、
平成7年に当時の労働省の技能検定の1級を頂戴することが
できました。
  
そのときに、チャンスを与えてくださった恩人が、たくさんいて
くださいます。この場を借りて、お礼を申し上げます。

松尾太郎くんのこと。
おいしい、エッグトーストのつくりかた。
酵母の話、
ふれあい探求じんが、すきな、やまざきの薄皮あんぱんのこと。
とうふとパンのつくりかたの絶対な共通点を書きたくて、、、
なんと、タイムオーバーを5回繰り返しました。
ごめんなさい、今日のところは、これで、限界です。

 コメントをいただきましたら、
ひとつづつ、お答えしようと思っています。
よろしくお願いします。

リサイクル

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2009-5-28 6:38
水曜日は、普通の主婦のことを書くことにしています。
 
私は、ありがたいことに、とうふのおかげで、店を持つことに、
なりました。ですから、店の名前は、とうふ屋桂庵です。
 
普通の主婦が、一番、元手がかからずにできるお店は、リサイクル
ショップです。
いまは、フリーマーケットと名を替えていますが、もとは、アメリカの
ガレージセールのことです。
一番、わかりやすいのは、進駐軍が、日本に滞在して、帰国するとき、
もって帰れない荷物を、それを、望んでいるひとに、お互いの納得
できる値段で、取引していたことに、あります。

いま、自分の手で、捨てられないものを、
あるいは、換金したいものを、他人の手を、わずらわせれば、
1時間1000円以上の人件費が、かかります。
相場が、あって、正月まえとなると、簡単な、大工しごとと
セットで、3500円なんていうこともありえるわけです。
引越し、または、その他の事情で、身軽になることを考えている
方は、自分で、並べて売ることが、おすすめです。
自分のものを、売るのは、警察へいって、<古物商>の免許を
とる必要が、ありません。
 
フリーマーケット会場は、参加費が、かかります。
たくさんのお客様がきても、たくさんの買うところがあれば、
貴女のところで買ってくれる保障は、ないのです。
ガレージとは、よく言ったもので、自分の家の入り口に限ります。

一日置きで、雨の日は、お休みするのが、続けられることです。
そして、元手をいれていないのですから、いつでもやめることが
できると決めておくことです。
ただ、買っていただくお客様のことを思って、
こんな、張り紙をおすすめします。
<売り切れたら、閉めます>
全部売り切ろうと思わないで、ひとつだけ、ものすごく高い値段の
ものを決めておくことです。それは、売れなくてもいいのですから、
、、
自分がお店を閉めたくなったときに、
<これが、売れたから閉めます>と自分勝手に決めることができます。
誰にも、迷惑をかけません。それが、売れたのは、自分で自分の
モノを買ったからです。

実は、私が、着ているこのTシャツ。普通の主婦のお店で、昨日、
買ってきましたが、800円でした。
アニエスBのもので、
私には、お金があっても、絶対に定価で買えなかった物です。

いちど、のぞいてみませんか?
場所は、岐阜市で、七のつく町内です。
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
かわら版 カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
女将の著書
Warning [PHP]: opendir(/home/keian/www/keian/modules/d3blog/images/caticon) [function.opendir]: failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113