scattered sushi

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2018-3-1 19:30
ちらしずしを、【酢飯の上に、海老や錦糸卵、蓮根など、いろいろな具材を置いた料理で、ひな祭りのメインです】とガイドさんは、外国の方に説明しますが、これは、お店の料理です。本来は【五目寿司】【混ぜ寿司】という家庭料理です。
写真は、明治四年生まれの曾祖母伝の寿司です。
かんぴょうと干し椎茸を、砂糖2に醤油1で濃厚な味に煮ます。人参も煮ます。蓮根も酢と砂糖で濃厚な味に煮ます。ちりめんじゃこを酢にひたしておいて、甘酢をつくり、炊きたてご飯にかけます。卵焼きを混ぜて、海苔をふりかけます。濃厚な味は、たくさん作って、残っても美味しいようにです。昭和8年生まれのとくさんが上手です。

 もう一つの写真は、ケイアンの子育て時代です。
干し椎茸とかんぴょうを煮て、小さくきざみます。
鶉のゆで卵を顔にみたて、海苔で髪をのせることもあります。
米3合分の酢飯を、ご飯茶碗すりきり8杯分で、三角に握ります。
φ18cmの薄焼き卵を二つ折にして衣にします。

 4年前まで師であった村上祥子の1996年のクラスのレシピを紹介します。
米3Cに桜の花の塩漬け10本をみじん切りにして炊き込み、ミツカン五目ちらしの素(すし酢入り)を2袋を混ぜて、物相型で抜きます。
今の仕事先には、安直なステンレスの型も、工芸品のような檜の型もあります。ご来店あれ。ケイアンは、こんな夢のある商品を販売するのが大好きです。

真心こもったごはんを、300円で食べさせていただけるのは、友愛キリスト教会です。信仰を問わずのオープンチャーチに、ケイアンが送り迎えします。
 端詰さんは、さいさん、とくさん、配偶者の裏千家の茶の師匠です。レタスと塩鮭のちらしずしは新鮮な味でした。

ちらしずし②ちらしずし①
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
かわら版 カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
女将の著書
Warning [PHP]: opendir(/home/keian/www/keian/modules/d3blog/images/caticon) [function.opendir]: failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113